トップ > 暮らし・届出 > 住宅・建築物 > 空き家の適正管理(放置空き家対策) > 老朽化した危険な建物の解体補助金

老朽化した危険な建物の解体補助金

更新日:202108031712


久留米市では平成24年5月10日より、老朽化して危険度の高い建物の除却費用の一部を助成する「久留米市老朽危険家屋等除却促進事業」を実施しています。

老朽危険家屋の写真

(写真)老朽化して危険性の高い空き家

久留米市老朽危険家屋等除却促進事業

令和3年度の申請受付終了・今後の予約受付について

本事業は、令和3年度執行を見込んでいた事業費に達したため、建築物調査申込書及び補助金交付申請書の受付を終了しました。
また、見込んでいた事業の取り止めなどにより、事業費の残額が見込まれるときは、申請予約をされていた方(以下「申請予約者」という。)から受付を再開いたします。令和3年12月下旬より、順次、申請予約者へご連絡いたします。

(申請予約の条件等)
申請予約は、既に建築物調査を申し込み、「老朽危険家屋等に該当する」との通知を受け、以下の条件を満たすものが対象です。

  1. 解体工事を令和4年1月中旬以降に着工し、令和4年2月末までに完了すること
  2. 補助金交付申請書及び老朽危険家屋等の解体工事見積書を提出すること

なお、申請予約は先着順とさせていただきます。定額に達し次第、予約受付を終了します。

事業の目的

久留米市内に存在する老朽化し危険な建物の除却を促すことにより、市民の安全・安心の確保と住環境の改善及び良好な景観の維持を図ることを目的としています。

対象となる建物

下記の条件をすべて満たすもの

  1. 周辺の住環境に悪影響を与え、放置されているもの
  2. 木造又は軽量鉄骨造の建物
  3. 危険度判定の結果、基準を満たしたもの
  4. 久留米市内の業者に工事を発注するもの
  5. 補助を受ける目的で故意に破損させたものでないこと

(注意)補助金を受けようとする前に、市との事前協議が必要です。
また、交付決定前に工事に契約・着手している場合は、この事業の対象とはなりませんのでご注意ください。

助成金額

除却工事費用の2分の1
ただし、75万円を上限とする

補助金交付申請の流れ

1調査申し込み。2補助金交付申し込み。3契約・工事。4完了報告・請求書の提出。

詳しくは、下記のフロー図をご覧ください。

久留米市老朽危険家屋等除却促進事業補助金交付要綱

関係書類のダウンロード

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部建築指導課
 電話番号:0942-30-9089 FAX番号:0942-30-9743 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ