トップ > くらしの情報 > 国民健康保険・年金・医療 > 救急医療 > 小児救急診療

小児救急診療

更新日:201607131517


小児科夜間救急診療

久留米広域市町村圏事務組合では、地域の小児科医の協力と医療機関の連携により、「久留米広域小児救急センター」を開設し、夜間の小児科初期救急診察を実施しています。
詳しくは、久留米広域市町村圏事務組合のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

小児科夜間救急診療
診察日
毎日(365日)
診療時間
午後7時〜午後11時(受付は午後10時30分まで)
開設場所
聖マリア病院地域医療支援棟(19階建て)1階
診療科目
小児科

小児救急センターの地図

小児救急医療電話相談のご案内

福岡県では、お子さんの休日・夜間の急な病気やケガなどの際、受診すべきかどうか迷ったときに、看護師又は必要に応じて小児科医師が助言を行う「電話相談窓口」を設けています。

相談時間:
  平日 19時〜翌朝7時まで
  土曜 12時〜翌朝7時まで
  日祝  7時〜翌朝7時まで
     
  日祝とは、日曜日、祝日及び休日、年末年始(12月29日〜1月3日)、8月13日〜8月15日

相談内容:小児の救急医療(病気、ケガ、薬、応急処置など)に関すること。

福岡県小児救急医療ガイドブック

症状別の家庭での対処方法等がわかるガイドブックです。
まず確認をして、受診をしましょう。

ふくおか医療情報ネット「子どもの急病・事故対応マニュアル」このリンクは別ウィンドウで開きます
「こどもの医療相談」からアクセスし、「必携!子ども救急」よりご覧ください。

医療機関の適正受診にご協力お願いします。

休日や夜間において、軽症の患者さんの救急医療受診が増加することによって、救急の外来が混み合い、緊急性の高い重症の患者さんの治療に支障をきたすことがあります。
必要な人が安心して医療を受けられるようにするために、医療機関の適正な受診について、皆様のご理解とご協力をお願いします。

かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医とは、日常的な病気の治療や健康管理、医療相談に応じてもらえる地域のお医者さんのことです。
今かかっている病気やこれまでにかかった病気、何の薬を飲んでいるかなどを理解してくれていて、急な病気でも適切な判断を下し、診療を行ってくれます。
病気に適切に対処するには、普段からお子さんの状態を把握しているかかりつけ医へ行き、早めに相談、受診しましょう。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部医療・年金課
 電話番号:0942-30-9196 FAX番号:0942-30-9752 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ