トップ > くらしの情報 > 国民健康保険・年金・医療 > 国民年金の加入・喪失 > 国民年金(第1号被保険者)の資格喪失

国民年金(第1号被保険者)の資格喪失

更新日:201510071359


60歳になったら

国民年金の被保険者は、60歳になったら資格を喪失します。
手続きは、特に必要ありません。
老齢基礎年金は、65歳からの支給となるので、この機会に年金事務所で国民年金の納付月数等を調べることをおすすめします。
年金額を増額したい場合は、65歳まで任意加入することができます。

就職したとき

国民年金に加入していた人が会社などに就職したときは、就職先に年金手帳を提出して厚生年金の加入手続きをしてください。
就職先を通して年金事務所から市役所へ通知がありますので、国民年金をやめる手続きを市役所でする必要はありません。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部医療・年金課
 電話番号:0942-30-9032 FAX番号:0942-30-9752 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ