トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 動物愛護 > 犬のフンの放置防止対策について

犬のフンの放置防止対策について

更新日:201712121505


「犬のフンの放置防止」運動 登録者を募集中!

「犬のフンの放置防止運動」とは?

 犬のフンの後始末をきちんとしている飼い主さんが、「フンの放置は迷惑だ!」と他の人にも判るように意思表示をすることで、犬のフンの後始末は飼い主の責任であることをアピールする運動です。

「犬のフンの放置防止運動」参加方法について

動物管理センターで賛同者登録をし、意思表示バッジをつけて次のことを実践するだけです。

  1. 出かける際は、フンを持ち帰るためのビニール袋等を持ち歩く。
  2. 放し飼いをしない。
  3. 自分の犬から目を離さない。
  4. いかなる場合にも自分の犬がしたフンを持ち帰る。
  5. 飼い主同士で意識を高める。

バッジは4種類の中から選んでいただきます。

意思表示バッジ(jpg形式)(828キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

「犬のフンの放置防止運動」登録申請書PDFファイル(153キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

「犬のフンの放置防止運動」に登録を希望される方は、申請書に必要事項を記入し、動物管理センターまで窓口、郵送又はFAXにて提出してください。

イエローチョーク作戦

 京都府宇治市で実践され効果があると紹介されたフン放置防止対策です。放置されたフンの周りを黄色いチョークで囲み、見つけた日時を書く。あえてフンはそのまま残しておき、飼い主が再び訪れた際、周囲が迷惑していることに気づき、自発的に回収するようになることを目的としています。

イエローチョーク作戦の方法について

用意するもの

作戦の方法

  • 放置フンの周囲に丸をつける
  • 「発見日時」を書く
  • 時間を変えて現場を見る。
    1. フンがあるときは、○をつけて「確認日時」を書く
    2. フンがないときは、「なし」と書いて「確認日時」と書く
  • 予防には「パトロール中」と書いて「巡回日時」を書く
  • 「なし」と書いた時間から「あり」と書いた時間の間で、フンを放置していることになります(夜間や早朝など)

チラシ、啓発ポスターをご希望の方は、久留米市動物管理センターまでお問合せ下さい。

また、下記よりダウンロードして使用することも可能です。

チラシPDFファイル(175キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

啓発ポスターPDFファイル(97キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

イエローカード作戦

 久留米市は、フンの放置防止対策としてイエローカード作戦も推奨しております。こちらはチョークで書くことができない場所でも実施可能です。イエローカードの無料配布を実施していますので、ご希望の方は久留米市動物管理センターまでお問合せください。

イエローカード作戦の方法について

支援グッズ

  • マニュアル
  • イエローカード
  • 啓発ポスター
  • 軍手
  • 金ばさみ
  • フン回収袋

作戦の方法

  • 放置フンにイエローカードを設置する
  • 1週間毎に巡回、イエローカードの設置をする
  • 1か月後にフンとカードを回収する
  • 上記を継続して実施する

マニュアル、イエローカード、啓発ポスターは下記よりダウンロードして使用することも可能です。

マニュアルPDFファイル(616キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

イエローカードPDFファイル(466キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

啓発ポスターPDFファイル(613キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

資材の提供は、久留米市どうぶつ「YOU・友」事業推進協議会にご協力いただいております。

このページについてのお問い合わせ

 久留米市動物管理センター
 住所:久留米市東櫛原町569番地9
 電話番号:0942-30-1500 FAX番号:0942-30-1788 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ