トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 食品衛生 > 市民まつり等での飲食店等臨時営業について

市民まつり等での飲食店等臨時営業について

更新日:201806211433


市民まつり等での飲食店等臨時営業許可の申請

許可の申請は、1施設1業種です(例:飲食店と喫茶店別々に申請)。
施設は、各業種ごとに区画をし、各々に従事責任者を置いてください。
申請手数料は、1件につき2,400円(食品販売業のみ1,500円)です。
営業期間は、2週間が限度です。

申請の際は「臨時営業許可申請書」に必要事項を記入の上、久留米市保健所 衛生対策課食品衛生チームまでお越しください。
(申請書は窓口にあります。また、申請・届出ガイド『食品関係営業の営業許可申請書【臨時営業】』ページからダウンロードできます。)
申請には、印鑑(法人の場合は登記印)・申請手数料が必要です。

許可対象業種及び取扱い食品

(飲食店営業)
 簡易な調理加工により提供できる食品で、供食前十分に加熱されたもの。
 代表例:焼きそば、焼きうどん、たこ焼き、唐揚げ、お好み焼き等
 酒類の注ぎ分け。

(喫茶店営業)

(菓子製造業)
 簡易な調理加工により提供できる菓子で、供食前十分に加熱されたもの。
 代表例:回転焼、たい焼、ホットケーキ、ベビーカステラ、リンゴ飴、イチゴ飴等
 (注意点)
 原料である生地やあん等は、衛生的に保管すること。

(アイスクリーム類製造業)
 殺菌液状ミックスを原料として製造するソフトクリームのみ可。
 (注意点)
 フリーザー内部等の洗浄は営業開始前及び終了後に確実に行うこと。
 フリーザー内に残ったミックスを再使用しないこと。

(魚肉ねり製品製造業)
 すり身を原料として成型し、又は成型されたすり身を原料として、簡易な調理加工により提供できる魚肉ねり製品で、供食前十分に加熱されたもの。

(食品販売業) 
 許可施設で製造等され、当該製造所等においてあらかじめ容器包装されたものに限ります。
 豆腐、ところてん、おきうと、めん類(乾めんを除く。)、生あん、そうざい、魚肉ねり製品、アイスクリーム類

その他

ポップコーン・わたあめ(製造販売)、缶ジュース・ペットボトル等(物品販売)は臨時営業許可の対象外です(許可不要)。

施設面等の注意事項

手洗い設備例 ≪手洗い設備例≫
洗浄消毒薬(殺菌・消毒の効果がうたってある市販のもので可)を備えること。

なお、提供しようと考えている食品が臨時営業で提供できるかどうか不明の場合は保健所衛生対策課食品衛生チームまでお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所衛生対策課 食品衛生チーム
 住所:久留米市城南町15番地5 4階
 電話番号:0942-30-9726 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ