トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 健康づくり > 「第2期 健康くるめ21」計画(健康増進計画)

「第2期 健康くるめ21」計画(健康増進計画)

更新日:201806211159


市民の健康増進を図るため、平成15年3月に策定した「健康くるめ21」を見直し、平成25年3月に「第2期 健康くるめ21」計画を策定しました。また、平成28年6月には母子保健分野を追加し、平成30年3月には計画の中間評価を行いました。

「第2期健康くるめ21」計画

健康でいきいきと暮らせるまち久留米をめざして

健康くるめ21くるっぱ わが国では、生活環境の向上や医学の進歩により、平均寿命が伸びている反面、不規則な食生活や運動不足等の生活習慣の変化によって、がんや糖尿病、循環器疾患等の生活習慣病が増加しています。
これからは、単に平均寿命を延ばすだけではなく、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間(健康寿命)を延ばすことが非常に重要となっています。


この「第2期 健康くるめ21」計画では、「健康寿命の延伸」を基本目標に掲げ、生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底など目標達成に必要な健康づくり施策を推進していきます。

概要版

計画(詳細版)

「第2期健康くるめ21」計画の中間評価について(平成30年3月)

中間評価の目的

「第2期健康くるめ21」計画では、計画策定から概ね5年を目処に中間評価、平成34年度に最終評価を行うこととしています。このため、今回の中間評価は、平成25年度から平成29年度までの5か年間における取組内容やその成果・課題を評価し、今後の健康づくり施策に反映させることを目的として実施したものです。

目標(健康寿命延伸)の達成状況

中間評価時の健康寿命、平均寿命は、男女ともに基準値より伸びており、男女いずれも、「健康寿命の延びが平均寿命の延びを上回ること」を達成しています。
【健康寿命男性+0.83歳(77.11歳→77.94歳)、女性+1.36歳(82.14歳→83.50歳)
【平均寿命】男性+0.46歳(78.47歳→78.93歳)、女性+0.88歳(85.26歳→86.14歳)

評価指標の達成状況

計画では、各種取り組みによる成果をより客観的に評価できるよう、54の評価指標(目標値)を設定し、毎年度その進捗管理を行っています。中間評価での各評価指標の達成状況については、以下のとおりです。

【注意】一つの目標に複数の指標がある場合は、総合的に判断しています。

中間評価の詳細

中間評価の詳細につきましては、下記添付ファイルをご参照ください。

健康に関するアンケート調査

今回の中間評価を行うにあたっては、市民の身体状況や生活習慣及び健康づくりに関する意識や行動等を把握する必要がございましたので、市民を対象に「健康に関するアンケート調査」を実施しました。調査結果につきましては、下記添付ファイルをご参照ください。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所健康推進課
 電話番号:0942-30-9331 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ