トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 母子保健 > 新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度について

新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度について

更新日:201709250836


平成26年5月30日に「児童福祉法の一部を改正する法律」が改正され、平成27年1月1日から、小児慢性特定疾病にかかっている児童等の方に対する新たな医療費助成制度が始まります。

 新制度においては、福岡県、北九州市、福岡市、久留米市(医療機関所在地の実施主体)から指定を受けた医療機関(病院、診療所、薬局及び訪問看護事業者)が行う医療に限り、小児慢性特定疾病患児の方が助成を受けることができます。そのため、小児慢性特定疾病患児の治療を行っている医療機関につきましては、指定医療機関の申請手続きをお願いします。

 また、小児慢性特定疾病医療費の支給認定申請に必要な診断書(医療意見書)は、福岡県等(福岡県、北九州市、福岡市、久留米市)から「小児慢性特定疾病指定医」の指定を受けた医師が作成することになります。

小児慢性特定疾病指定医及び医療機関の指定状況について

【小児慢性特定疾病指定医】
指定医一覧PDFファイル(241キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

【指定小児慢性特定疾病医療機関】
指定医療機関一覧(病院・診療所)PDFファイル(74キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

指定医療機関一覧(歯科)PDFファイル(54キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

指定医療機関一覧(薬局)PDFファイル(140キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

指定医療機関一覧(訪問看護)PDFファイル(54キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

指定小児慢性特定疾病医療機関の申請手続きついて

 申請については、「新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度における指定医療機関の申請手続について」PDFファイル(152キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをお読みいただき、申請書に必要項目を記入し、必要な書類を添付して医療機関の所在地を管轄する実施主体に郵送又は持参してください。指定後に、申請者あてに指定通知書を交付します。
 また、記載事項に変更があった場合、休止・廃止・再開、あるいは処分を受けた場合には届出が必要です。指定を辞退しようとするときは、辞退の申出が必要です。
 なお、指定後は、医療機関名及び所在地を市のホームページで公表します。
【様式】
指定小児慢性特定疾病医療機関指定申請書

小児慢性特定疾病指定医の申請手続について

【申請手続】
 申請については、「新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度における指定医の申請手続について」PDFファイル(151キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きますをお読みいただき、申請書に必要項目を記入し、必要な書類を添付して、勤務先を管轄する窓口に提出してください。(診断書を作成する可能性がある医療機関が複数ある場合は、主たる医療機関を申請書表面に、それ以外の医療機関について申請書裏面に記載し、主たる医療機関の所在地を所管する実施主体に申請手続きを行ってください。複数の実施主体の管轄地域内に所在する医療機関に勤務している場合は、一実施主体につき一つの申請が必要です。)指定後に、指定通知書を交付します。
 また、記載事項に変更があった場合は、変更の届出が必要です。
 なお、指定後は、氏名、主たる勤務先の医療機関名、所在地並びに診療科目名を市のホームページで公表します。
厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医資格PDFファイル(255キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます
【様式】
小児慢性特定疾病指定医指定申請書

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部保健所健康推進課
 電話番号:0942-30-9331 FAX番号:0942-30-9833 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ