トップ > くらしの情報 > 保健・衛生・動物愛護(保健所) > 新型コロナウィルスに関する情報

新型コロナウイルスに関する情報

更新日:202009291745

久留米市の発生状況 支援情報・特別定額給付金 学校・保育園・学童保育所

公共施設・イベント 市民・企業の皆さま・関連情報 相談窓口

更新情報

令和2年8月5日付に福岡県コロナ警報が発動されました。引き続き感染拡大防止対策にご協力ください。

久留米市の発生状況など

ページ先頭に戻る>

久留米市での新型コロナウイルス感染症の患者発生状況などを掲載しています。

新型コロナウイルス感染者状況(9月22日現在)

検査数

陽性者数

感染原因

新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について

【患者の発生状況】

 

本日(9月29日時点)

累計 
感染者数 0人 139人
(うち久留米市民の数) 0人 125人

 

【久留米市保健所における検査の実施状況(累計)】(令和2年9月29日時点)

 (1)PCR検査

  (うち陰性化確認検査105件 前日比±0件)

 (2)抗原検査


【久留米市保健所で確認した患者の入院等の状況】(令和2年9月29日時点)

患者数(累計) 退院・退所者(累計) 死亡者(累計)

139

(0)

134

(0)

4

(0)

現在入院又は療養している者
合計 うち入院中の者 うち宿泊療養者 うち自宅療養者

1

(0)

1

(0)

0

(0)

0

(0)


【患者の詳細情報】

(注意)患者の詳細情報や続報は、随時更新します。

支援情報

ページ先頭に戻る>

特別定額給付金

令和2年4月27日に住民基本台帳に記録されている方を対象に、1人につき10万円を給付します。
申請方法やお問い合わせなどは特別定額給付金をご覧ください。


市民向け支援

企業・事業者向け支援

学校・保育園・学童保育所

ページ先頭に戻る>

久留米市立学校の再開について

【小・中学校(小学校46校・中学校17校)】

【高等学校(南筑・久留米商業)】

【特別支援学校】

【児童の小学校での受け入れについて】
小学校で実施している学童保育所利用等の子どもの受け入れは、5月22日(金曜日)まで実施します。

保育園・学童保育所

保育所等においては、緊急事態宣言解除後も登園自粛をお願いしておりましたが、6月1日(月曜日)に自粛を解除しました。

学童保育所は通常どおり開所します。ただし、学童保育所関係者に新型コロナウイルスの感染者が発生した場合は、1日間~14日間の臨時休所となります。

公共施設・イベントの情報

ページ先頭に戻る>

「緊急事態宣言」の解除を受け、福岡県の外出自粛や休業要請などが緩和されました。市の公共施設も、感染リスクが高いと判断される公共施設を除き、5月19日(火曜日)から、順次開館します。また、公園等の駐車場・遊具の利用制限も解除します。


市が主催・共催するイベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止する場合があります。詳しくは、主催者などに確認してください。

予防対策・その他関連情報

ページ先頭に戻る>

令和2年5月14日付で緊急事態宣言が解除されましたが、新しい生活様式を心掛けていただき、引き続き感染防止対策にご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。詳しくは「新型コロナウイルス感染症について」をご覧ください。

新しい生活様式1 新しい生活様式2 


接触確認アプリができました

新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるスマートフォンのアプリができました。

自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもるために、接触確認アプリのインストールをお願いします。

cocoaomotecocoaura

施設管理者などに向けた感染予防策を保健師が分かりやすく実演

久留米市保健師が施設管理者や利用者に向け、施設での感染防止対策を映像の中で実演し、分かりやすく解説しています。

(1)施設管理者向け【従事者の健康管理、利用上の注意点、消毒液の作成や消毒の方法など】

(2)利用者向け

人権を大切に みんなで支えあって 乗り越えよう

新型コロナウイルス感染症への強い不安や恐れから、医療、運送、生活必需品の販売などに関わる人々が、差別や偏見、不当な扱いを受ける事態が起きています。ウイルス対策に頑張っている全ての人をねぎらい、敬意を払うと共に人権を大切にして、支え合って、困難を乗り越えましょう。

気づいてほしい 心と身体の変化

新型コロナウイルス感染症の拡大や、拡大防止のための外出自粛・休業などの影響によって、私たちの生活には大きな変化が生じています。こうした思いがけない変化によって、「心の変化」や「身体の変化」が起こりやすくなります。自分自身や周囲の人のストレスや心の不調に気づいて、解消するとともに、ストレスをため込まないようにすることが大切です。また、子どもの不調には周りの大人が気づいてあげましょう。

いつもの衛生対策を

市民の皆様におかれましては、まずは一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。


感染症対策や新型コロナウイルスのQ&Aなどをまとめたリーフレットを作成しましたのでご活用ください。

市民のみなさまへ

企業・事業者などのみなさまへ

相談窓口

ページ先頭に戻る>

症状がある方の相談窓口

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安が変更になりました。

次のいずれかに当てはまる方は、すぐに下記の相談窓口にご相談ください。また、症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。なお、これらはみなさまが相談・受診する目安となるものです。相談された全ての方が検査できるものではありません。

(注意)これらに該当しない場合も相談できます。
(注意)妊娠中の方は、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。


 電話:0942-30-9335     FAX : 0942-30-9833

 (注意)24時間、土・日・祝日も受け付けます。

 電話:092-643-3288  FAX : 092-643-3697

 (注意)24時間、土・日・祝日も受け付けます。

 電話:0120-56-5653(フリーダイヤル)  FAX : 03-3595-2756

 (注意)9時~21時、土・日曜も受け付けます。

【外国語での相談窓口】

 

その他の相談窓口

▲このページの先頭へ