トップ > くらしの情報 > 障害者支援・地域福祉・生活支援 > 障害者福祉情報と相談窓口 > 障害者就労施設製品等の利用促進について「その仕事、障害者就労施設に発注できませんか?」

障害者就労施設製品等の利用促進について「その仕事、障害者就労施設に発注できませんか?」

更新日:201908131142


障害のある人の自立した生活のために、経済的な基盤の確立は不可欠です。障害者就労施設へ商品やサービスを発注することも、障害のある人の自立した生活の支援に繋がります。

障害者就労施設

 障害者就労施設とは、一般企業などへの就労の訓練のため、又は一般企業などでの就労が困難な障害のある人の就労のための施設です。指定障害福祉サービスの就労移行支援事業所、就労継続支援事業や地域活動支援センター、小規模作業所などが代表的なものです。
 物品の製作・販売や役務(サービス)の提供を行っており、売り上げは、工賃として施設を利用する障害のある人の収入となります。
 近年では障害のある人の就労意欲の高まりに応じて、これらの施設の利用者数が伸びてきています。障害者就労施設の仕事を確保し、その経営基盤を強化することが課題となっています。

提供できる物品や役務

物品の販売

注文された弁当の準備をしている風景です 障害者就労施設では、さまざまな物の生産、製造、加工、販売を行っています。
代表的な商品としては、弁当やパン、お菓子などの食品。また小物や雑貨などを製作・販売している事業所もあります。
事前に相談・予約があれば、ある程度、まとまった数量を提供することもできます。

役務(サービス)の提供

マンションの清掃を行っている風景です 役務(サービス)を提供している事業所もあります。
商品の箱づめや袋づめ、シール貼りといった軽作業、名刺やチラシ作製などの印刷業務、データ入力作業、ビル、マンション等の清掃作業や除草作業など。
この他にも、相談に応じて対応できる作業もあります。

さまざまな活用方法

個人や地域行事で

 販売している商品は、市内の道の駅やスーパーで購入できるものもあります。もちろん施設で直接購入することも可能です。
 事前に調整・予約をすれば、地域の行事や子ども会などの景品やお弁当をまとめて注文することもできます。

企業や事業所で発注

 不動産管理業務における物件の清掃作業や管理地の除草作業等を委託することもできます。また、店舗用の販売促進グッズ、社員用の名刺作製等を施設に発注することで、企業のイメージアップにもつながります。

発注方法などについて

障害者就労施設等物品等カタログ

 市内の発注可能な事業所は、下記にてご確認ください。
 事業所によって提供できる物品・役務の種類や納期などが異なります。詳しくは各事業所へお問い合わせください。
久留米市内障害者就労施設等物品等カタログ(平成27年10月)PDFファイル(2549キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

福岡県セルプセンター

 上記のカタログの他、物品や役務を取り扱う障害者就労施設が分からない場合は、下記の福岡県セルプセンター「共同受注窓口」へご相談ください。
 市外の施設も含めた障害者就労施設の斡旋や発注内容の施設との調整を行っています。
福岡県セルプセンター「共同受注窓口」
電話番号:092-692-1100
FAX番号:092-692-1200

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部障害者福祉課
 電話番号:0942-30-9035 FAX番号:0942-30-9752 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ