トップ > くらしの情報 > 障害者支援・地域福祉・生活支援 > 障害者手帳 > 身体障害者手帳の交付

身体障害者手帳の交付

更新日:201609081200


身体に障害のある人は、身体障害者手帳の交付を受けることができます。
手帳の交付を受けると、障害の程度に応じて、税金面での優遇措置や交通機関の割引、補聴器をはじめとする補装具、日常生活用具の給付などの福祉サービスを受けることができます。
これに加えて重度障害の方は、医療費の助成などの福祉サービスを受けることもできます。

新規交付・障害程度の変更等による再交付

身体障害者手帳の新規交付申請および手帳の交付を受けた後、障害の程度が変わったり、新たな障害が生じた場合等の再交付申請には、次のものが必要です。

  1. 申請書
  2. 診断書…指定の用紙に指定の医師が書いたものが必要です。
    用紙は障害者福祉課、総合支所市民福祉課に準備しています。
  3. 顔写真…縦4センチメートル、横3センチメートルの大きさで、写真用紙に印刷されたもの。
    概ね1年以内に撮影され、顔がはっきり分かるもの。
  4. 印鑑
  5. 旧手帳(再交付申請の場合)
  6. 個人番号カードまたは通知カードと本人確認書類

紛失・破損による再交付

手帳を紛失または破損した場合は、申請により手帳の再発行を即日受けることができます。お手続きには次のものが必要です。

  1. 申請書
  2. 顔写真…縦4センチメートル、横3センチメートルの大きさで、写真用紙に印刷されたもの。
    概ね1年以内に撮影され、顔がはっきり分かるもの。
  3. 印鑑
  4. 旧手帳(紛失の場合は、運転免許証等、本人確認ができるもの)

その他

住所や氏名を変更した場合や、手帳交付を受けた人が亡くなられた場合などには、速やかに障害者福祉課又は総合支所市民福祉課にて届出をして下さい。

ご不明な点があれば、下記問合せ先までお問い合わせ下さい。

このページについてのお問い合わせ

 健康福祉部障害者福祉課
 電話番号:0942-30-9035 FAX番号:0942-30-9752 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ