トップ > くらしの情報 > 子育て支援 > 発達支援・幼児教育 > 発達支援事業

発達支援事業

更新日:201706051118


発達支援事業の内容

幼児教育研究所の発達支援システム

相談の電話を受け付けてから療育・訓練を受けるまでの流れを表しています。

来所型発達支援

 来所型発達支援は、昨年度までのシステムに個別支援方針検討会議を加え、特性やタイプに合わせた療育の学級や各種訓練を行っています。

専門相談
 専門相談は、心理士による発達検査を行います。その後、医師から検査等により得られた特性に応じて、効果的な支援の方向性が示されます。
療育学級
 療育学級は、専門相談で得られた支援の方向性に従い環境・活動内容・声かけなどの支援を工夫し、療育を行います。
各種訓練
 専門相談で得られた支援の方向性に従い、言語訓練・動作訓練・行動訓練を個別に行います

出前型発達支援

訪問療育
 乳幼児の情緒の安定を図りながら感覚機能の発達を促す親子プレイを行ったり、保護者からの相談を受けたりする訪問療育を北野・三潴・南部の三か所の保健センターで行っています。
巡回相談
 相談専門員が市内の保育園・幼稚園の要請に基づき、園を訪問・巡回し、園の支援体制をサポートする助言等を行います。

このページについてのお問い合わせ

 子ども未来部幼児教育研究所
 電話番号:0942-35-3812 FAX番号:0942-35-3886 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ