トップ > くらしの情報 > 子育て支援 > 保育所・認定こども園 > 保育所の入所準備等

保育所の入所準備等

更新日:201602101502


平成27年度より保育所の入所申し込みには、支給認定申請という新たな手続きが必要となります。詳しい手続き方法は「支給認定申請と利用申し込み」のページをご覧ください。

はじめに

(1)保育所ってどんなところなの?

乳幼児の保護者が、仕事や病気などの理由で保育が困難な場合に、保護者に代わって保育を行う児童福祉施設のことです。

(2)公営と私営の違いはあるの?

公営は市町村などの行政、私営は社会福祉法人などの民間による経営というのが大きな違いです。運営に関しては同じ法律に基づいて行われているので、費用(保育料)や保育内容などに違いはありません。

(3)保育所は何歳から入所できるの?

久留米市ではすべての保育所が0歳から入所(乳児保育)することができます。

保育所入所の条件は?

 本市に住所を有し、かつ、保護者(父母とも)が就労しているなどで保育が必要と認定された(保育認定)子どもであること が入所の条件となります。

入所の手続について

くわしい手続き方法は「支給認定申請と利用申し込み」のページをご覧ください。

年度途中の入所希望の申し込みは?

4月の入所決定後は、 施設に余裕のある場合のみ 、途中入所が可能です。

入所の決定について

 第1希望保育所について定員等を勘案し選考を行います。定員超過等の場合には入所不承諾となります。また、第2希望以降の保育所がある場合は、その保育所にて選考を行います。希望保育所に入所できなかった場合は、空き待ちとなります。

 保育所への入所申込者数が入所受入可能数を上回った場合には、「久留米市保育利用選考基準 PDFファイル (128キロバイト)」により保育を必要とする度合の高い順に入所児童を選考、決定いたします。
 ただし、保護者などの状況により、必ずしも選考順位どおりにならない場合もあります。

 入所後、1週間から2週間後に、保育料の決定のおしらせを送付いたします。

入所後の手続き

 入所後に勤務先や家庭の状況に変更が生じた場合や、退園を希望される場合は、書類の提出等が必要となります。書類は、保育所又は市子ども支援課・各総合支所市民福祉課にありますが、添付書類は状況によって異なりますので、保育所又は市子ども支援課・各総合支所市民福祉課にお尋ねください。

保育料について

 保育所の運営に必要な経費は、 保護者のみなさま、市、県、国の4者で負担 することとされています。
 保護者のみなさまが負担される保育料は、保護者等の所得に基づく税額や子どもの年齢などによって決まります。兄弟姉妹で利用する場合は2人目、3人目の保育料が安くなる仕組みになっています。
 久留米市では、子育ての負担を少しでも軽減するため、国の示す基準額からさらに低額に抑えた保育料の設定を行っています。

(参考)平成27年度保育料徴収金額表 PDFファイル (554キロバイト)

保育料はどのようにして決まるの?

 保育料は、子どもの父母等(保護者)の 市町村民税額の合計額により決定します(父母以外の扶養義務者の税額により決定する場合もあります)。

保育料の納付について

 保育料は当月分を月末までに納付してください。納付方法は金融機関での口座振替か金融機関窓口での納付書による納付があります。

その他

保育園では畑作りや絵本の読み聞かせやクッキングをしています。

このページについてのお問い合わせ

 子ども未来部子ども支援課
 電話番号:0942-30-9025 FAX番号:0942-30-9718 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ