トップ > くらしの情報 > 子育て支援 > 子育て支援事業 > 赤ちゃんの駅

赤ちゃんの駅

更新日:201607051121


「赤ちゃんの駅」とは・・・

久留米市赤ちゃんの駅シンボル  「赤ちゃんの駅」とは、概ね3歳までの子どもを連れた保護者が、外出中に「授乳」及び「オムツ替え」の必要が生じたときに、無料で、他人の目を気にせず、気兼ねなく利用できる設備を有した場所のことです。
 久留米市では、乳幼児を連れた保護者が安心して外出できるような環境づくりを進めるため、「赤ちゃんの駅」設置事業を実施しています。公共施設だけではなく、既に設置をしていたり、新たに設置を希望している民間施設にも登録していただくことで、「赤ちゃんの駅」の普及を図っていきます。
 赤ちゃんの駅には、目印となるシンボルマーク入りのステッカーやのぼりを掲示しています。お気軽にご利用ください。

登録施設について

登録施設は市のホームページで情報を随時更新します。
施設により定休日、利用条件等が異なりますので、事前にご確認ください。
ごみは原則として、持ち帰りとなります。

登録施設一覧(平成28年7月4日現在)PDFファイル(282キロバイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

「赤ちゃんの駅」登録の募集

 市では、引き続き「赤ちゃんの駅」に登録していただける事業所等を募集しています。
赤ちゃんの駅の主旨にご賛同いただき、ご協力いただける事業所からの申請をお待ちしています。

このページについてのお問い合わせ

 子ども未来部子ども政策課
 電話番号:0942-30-9227 FAX番号:0942-30-9718 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ