トップ > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 消防団活動 > 消防団活動状況7月〜9月

消防団活動状況7月〜9月

更新日:201509171154


ここでは消防団全体での行事や訓練、各分団での活動状況を紹介いたします。

第2回福岡県女性消防操法大会

 平成27年9月6日 日曜日、福岡県消防学校(福津市)において標記大会が開催されました。
 この大会は、女性消防隊の消防技術向上と士気の高揚を図り、地域における消防活動の充実に寄与することを目的とし、今回で2回目の開催となります。
 内容は、福岡県下の消防団から女性消防隊が出場し、軽可搬ポンプで水を揚げ、ホース3本延長して約50メートル先の標的のボールに放水し、落下させるまでの安全性・確実性・迅速性を競うものです。
 久留米市消防団女性消防隊は、平成25年の第1回大会で優勝しており、大会連覇へ向け6月2日より週3回の訓練に励みましたが、惜しくも準優勝でした。個人賞では指揮者の飯田記子選手が優秀選手賞を受賞しました。

開始準備  操法開始

放水により標的を落下  消防団長へ終了報告  

選手、監督、指導員 

第3回久留米市消防団実践操法大会

 平成27年7月5日 日曜日、東櫛原町の筑後川河川敷旧テニスコートにおいて久留米市消防団実践操法大会を開催。
 この大会は、防ぎょ技術の練成により、厳正な規律と安全・迅速・的確な行動を養成するとともに、団員の防ぎょ知識・技術の向上及び士気の高揚を図ることにより、地域防災力の強化に役立てることを目的とし、平成27年度で第3回目を迎えました。
 大会内容は、市内43個分団が3個分団で1チームを編成して、実火災を想定しホース約20本を各分団が協力して中継し、火点の標的を倒すまでの安全・確実・迅速性を競うものです。
 基本的なホース延長、伝令等を確実に行うことによって、実火災時の対応がよりスムーズになるものと考えられます。
 Aパートの優勝は第11分団(長門石)・第22分団(大橋)・第25分団(荒木)
 Bパートの優勝は第15分団(山川)・第18分団(宮ノ陣)・第40分団(江上)
 準優勝はAパート第16分団(合川)・第30分団(柴刈)・第31分団(田主丸)、Bパート第13分団(南)、第38分団(城島・下田)、第39分団(青木・浮島)となっております。

大会結果

スタンバイ  防火衣着装

出動  ホース延長

放水の様子   表彰式

山川校区運動会 第15分団(山川校区)

 平成26年9月21日日曜日、大島公園において山川校区運動会があり、第15分団も競技に参加しながら警備を行いました。
 昼休みには会場に水を撒き、子ども達をポンプ車に乗せてグランドを1周し、地域交流を図っています。
 また、各テントを回り、消防団員募集のチラシを配って入団促進を行いました。

会場散水  体験乗車

後部座席に乗車   乗車しグランド巡回

団員募集15分団 

花火 動乱蜂警備 第15分団(山川校区)

 平成26年9月15日 月曜日、山川町王子八幡宮において動乱蜂花火大会が行われ、第15分団(山川)が花火の警備にあたりました。
 約360年前より伝わる神事で、蜂の巣をつついた時に、中の蜂がいっせいに怒り狂って飛び散る様子が、その名の由来とされています。
 毎年、第15分団では周辺の安全の為に、前日と当日に池の水を使用し水撒きをしています。当日も池の近くに待機し、有事の際には対応できるよう準備していますが、今年も無事に終わってホッとしています。

水撒き  山林へ水撒き

有事の際の放水準備  動乱蜂花火 

第23回福岡県消防操法大会

 平成26年9月7日 日曜日、福岡県消防学校において、第23回福岡県消防操法大会が開催され、久留米市消防団では、先日の久留米支部消防操法大会を勝ち抜いた第11分団(長門石校区)が代表として出場しました。
 絶好の天気の中、団員達は今まで訓練してきた成果を発揮し、出陣式では、くるっぱも久留米市消防団の応援団長として、選手を応援しました。
 結果は25チーム出場中第4位の成績をおさめ見事入賞。また、個人賞で4番員の前岡明樹選手が優秀選手賞をいただきました。

開会式  楢原市長より激励

選手へ激励

いざ開始 

整列の様子   ホース延長 

第11分団の選手たち

平成26年度(第31回)久留米市総合防災訓練

 平成26年9月1日 月曜日「防災の日」に合わせて安武町の南部浄化センターにおいて久留米市総合防災訓練が実施されました。訓練には、消防、警察、自衛隊等の防災機関をはじめ、43の関係機関や団体、多くの地元の皆さんも参加しました。
 久留米市消防団では、第23分団(安武校区)が「地域住民等による避難訓練」に参加し、地域住民を安全に避難させるよう配置し誘導を行いました。地震災害対策訓練では、訓練会場の建物より出火したと想定し、第24分団(大善寺校区)と第25分団(荒木校区)が消火活動にあたりました。

避難誘導訓練23分団 

地震災害対策訓練

第43回水の祭典久留米まつり

 平成26年8月4日月曜日、明治通りを中心とした第43回水の祭典久留米まつりに久留米市消防団も参加しました。
 パワーストリートでは、約100人もの団員が有馬火消し行列隊としてパレードを行い、祭りのファイナルでは、有馬火消し梯子隊の華麗な演技で観客を魅了しました。中でも壱番梯子では、2名の女性消防団員が見事に演技し盛大な拍手が沸きあがりました。
 グランドフィナーレを飾るウォーターイルミネーションにも消防車をはじめ、ホースの配置等に団員が参加、見事に完成し久留米まつりは成功で幕を閉じました。

パワーストリート  有馬火消し行列隊

梯子のり演技   ウォーターイルミネーション

女性消防団員梯子のり  グランドフィナーレ

問い合わせ

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部防災対策課 消防チーム
 住所:久留米市東櫛原町999-1
 電話番号:0942-38-5160 FAX番号:0942-38-5240 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ