トップ > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 消防団活動 > 消防団活動状況1月〜3月

消防団活動状況1月〜3月

更新日:201601221115


ここでは消防団全体での行事や訓練、各分団での活動状況を紹介いたします。

平成28年久留米市消防出初式

 平成28年1月11日月曜日、久留米百年公園において新春恒例の久留米市消防出初式を開催。約1,300人の消防関係者と車両約50台が集結し、防災への決意を新たにしました。
 表彰では福岡県知事表彰、福岡県消防協会長表彰、久留米市長表彰、久留米広域消防本部消防長表彰、久留米市消防団長表彰に332名と23の団体が受賞しました。
 演技では、久留米市消防団有馬火消し梯子隊による梯子のり演技、今回初披露となった3人乗りの新技「有馬のご来光」を披露。田主丸・北野支団による規律あるポンプ操法展示、城島・三潴支団による気合の入った馬簾廻しが行われ、場所を移してのパレードでは、今年度から配備した防災バイクを先頭に勇敢に行進を行いました。
 最後の一斉放水では、ポンプ車10台の他に15メートル及び40メートル梯子車からの梯上放水を実施し、幕を閉じました。

出初式垂幕  大纏

優良分団表彰  新技 有馬のご来光

観閲パレード防災バイク  一斉放水

林野火災防ぎょ訓練

 平成27年2月22日日曜日、田主丸町森部の平原公園周辺において、消防団と浮羽消防署の連携を強化し、山火事における防ぎょ体制を確立させるため合同訓練を実施しました。
 訓練では、麓からの水を車両約15台により中継し、火点までホースを延長しました。総延長距離は約2000メートル、水源から火点までの高低差約80を、署員及び団員が一致協力し有意義な訓練となりました。

訓練前車両待機  ホース延長

火点へ放水中  訓練終了後団長講評

宗像祭

 平成27年3月1日日曜日、水天宮境内において宗像祭を開催
 この行事は、昭和45年から毎年3月の第1日曜日に、久留米市消防の恩師である宗像警部の銅像前で、故人の偉徳を偲ぶとともに消防安全を祈願しています。

参拝の様子  各分団車両へ交通安全祈願

機関員講習

 3月1日日曜日、東櫛原町の旧テニスコートにおいて、機関員講習を実施しました。
 当日は、雨風が酷く大変寒い中での訓練でしたが、消防ポンプの仕組みや吸水、放水要領など、知識や技術を学び火災現場での活動に活かしていきます。

機関員講習団長訓示  ポンプ車計器点検

車両点検要領  放水圧力の確認

防火パレード

 平成27年3月7日土曜日、東町公園において春の火災予防週間中の啓発活動として防火パレードに久留米市消防団も参加しました。
 開会式では、わかぐさ保育園の鼓笛隊の演奏とともに、園児たちが火の用心を呼びかけました。
 その後、一番街から西鉄久留米駅ロータリーをパレードし、防火の普及啓発活動を実施しました。

開会式の様子  鼓笛隊の演奏

一番街をパレード  西鉄久留米ロータリーで火災予防啓発

問い合わせ

このページについてのお問い合わせ

 都市建設部防災対策課 消防チーム
 住所:久留米市東櫛原町999-1
 電話番号:0942-38-5160 FAX番号:0942-38-5240 電子メール(専用フォーム)でのお問い合わせ

▲このページの先頭へ